あおぞら治療院
鍼灸指圧マッサージ/訪問・在宅リハビリマッサージ あおぞら治療院
〒175-0082 東京都板橋区高島平2-28-1-118
イーストサイド名店街
最寄駅 高島平駅・西台駅 / 訪問地域 戸田市 川口市 蕨市等

 臨床症例報告

埼玉県在住の患者様。脳梗塞後遺症により寝たきりの状態です。

ご本人様とご家族様の希望は、両下肢の疼痛改善と起立が出来るようになること。

施術開始当初の状態は、両上肢及び左下肢の拘縮、右踵及び左下腿外側に褥瘡、

両下肢の浮腫と疼痛がありました。

平成21年4月より当院での訪問施術を開始。

 

目標は『両下肢の疼痛改善と起立が出来るようになること』

目標の達成を目指し、ご本人とご家族のご協力の下、訪問施術開始!

 

起立が出来るようになるには、まずご自身で坐位がとれるようにならなければなりません。

今回は左下肢の拘縮改善が重要です。

開始当初の状態を示しておくと、関節可動域は左股関節・左膝関節ともに屈曲20度程度。

この状態では、坐位の姿勢が安定しません。

以上のことを踏まえ、日々のマッサージ施術と関節可動域訓練を実施。

6か月程で左下肢の拘縮はほぼ改善しました。(下記写真のとおり)

 

そして、施術開始から1年。

施術開始当初は介助での坐位も難しかったですが、ご自身で端坐位が可能となりました。

綺麗な姿勢で、端坐位が可能となり、ご本人にもご満足いただています。

「座位を取るようになり、寝たきりの頃よりも脳の働きも良くなっている様子」と

ご家族様にもお褒めのお言葉をいただいております。

 

横から見ても力が抜けて、リラックスして座れます。

 

現在では、坐位で気持ちよくマッサージをお受けいただけるようになりました。

開始当初の状態と比較すると、両上肢及び左下肢の拘縮、右踵及び左下腿外側の褥瘡、

両下肢の浮腫・疼痛もほぼ改善しました。

現在は起立に向けて練習中です。

今後も私たちは、ご本人様、ご家族様、ケアマネージャー様、介護スタッフの方々のご希望をお聞きし、

患者様がより良い日々をお過ごしになれるように疼痛改善、ADL向上に全力で取り組んで参ります。

 

HOMEへ

治療院TOPへ
訪問・在宅リハビリマッサージTOPへ
Copyright(C)2008 あおぞら治療院.All rights reserved